コーポレイト・ガバナンスと、俺たちバカナンスの差

 画像早稲田大学、専任教員、そしてその中の教授数の推移は、それだけを見ると、永年にわたり増員をして環境改善に努めてきたように見えるのだが、、早稲田大学の教育は、やはり膨大な数の非常勤講師により支えられているとも言える。

 さて、グラフ推移、2013年に1000人近く、非常勤講師が減っているのは私の入力ミスではないし、セントバーソロミューの虐殺があったわけでもない。この頃まで、複数学部で非常勤講師をしている先生の数を重複して数えていたのを、一括して数えることができるようになった結果である。統計学だとか、経営工学などと言うが、日本人の数値管理は、この程度で、数値改竄・偽装は、何も厚労省や日産、スバル、神戸製鋼、三菱マテリアルなどだけではない。日本の大部分は、今も、アメリカの科学的経営管理の歴史が始まる1920年以前と、ほとんど変わっていない。

 要するに、コーポレートガバナンスが成っておらず、かつて日本航空が倒産し、社長を無給で引き受けた京セラの稲森さんが、前月分の売り上げを教えてくれと部門に求めたら、3ヵ月経たないとわかりませんと言われ、仰天したのと同じような、俺たちバカナンスで経営をしていても、実は普通である。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0