万年、泡沫候補でもよかったが・・・

 
画像


 2年前、上のような政見をかかげ、こんなことを書いた。
 http://wienmoto.at.webry.info/201607/article_2.html

 今年は、こんなふうに思った。

 先週は、所属の学術院の院長選挙。ささやかなプロテストの意味あり全部欠席した。選挙と言いながら、もう定年が迫っている方々と人畜無害の方々を、バックにいる元老たちが推薦人にして、元老に連なる候補者を掲げ、さも推薦者がたくさんいるかのようにして、推薦指名されたその候補も、突然指名され驚いているという、いつもながら、さもさもの書き出しで、思いついた書きなぐりの政見を掲げて、その信任投票ということになる。やっていることは、自民党と同じで、性根が自民党であることがよくわかる。

 俺は、そういう見苦しい、見せかけ民主政が嫌だから前回は推薦者なし単独立候補し30票を得て、それはそれなりに嬉しかったりもしたが、今回は、8月から1年、15年ぶり最後の特別研究期間をいただき、ゼミだけは契約上、代行を立てられないので続けるが、最後の2冊をまとめる時間にした。

 それと、毎回立候補して落選していると、赤尾敏、東郷健、マック赤坂のようにも見えてしまう。つれあいにも、もういい加減にしたほうが、ミルクホールとゼロ番教室の英雄も末路は寂しいねとも言われ、最後っ屁はもう少し先にとっておくことにし、その方がガスも溜まるだろうと思い自重した。 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0