講演会の案内

http://www.f.waseda.jp/wienmoto/Japanese/EveningSeminar/EvninvSeminar20181218.html 講演会 「沖縄の基地問題と地方自治のゆくえ   ―沖縄に向き合う。本土が問われているもの」 講師  熊本博之 (明星大学准教授) 日時 …

続きを読むread more

新聞日曜版は、紙面の埋め草か?

 今年のノーベル医学生理学賞の受賞者が決まり、新聞は、一斉に「本庶佑氏の研究成果を基に開発されたがん治療薬〈オプジーボ〉。従来の抗がん剤とは全く異なるメカニズムが特徴で、有効性が高く副作用も少ない」などと報じている。  しかし、ほんの2日前の『日本経済新聞』9月30日、日曜日の第一面トップは、「抗がん剤〈オプジーボ〉・・・」と始ま…

続きを読むread more

「香山リカさん、母校・東京医大の女性差別〈残念〉」という記事について

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808070000661.html  闊達なあなたが、なぜ、何も言わないのかと思っていたが。あなたが、これまでのあの調子で、理事長、学長をやったらよい。爺さん、オッサンをみなヤメさせ、理事会は、男以外で編成すればよい。そうしたら、…

続きを読むread more

スポーツや、趣味、仕事に打ち込んだ結果、別に、大学の単位が足りず卒業できなくたってよいと思うが・・・

 早稲田大学もだいぶ前からこういうことをしているし、関学のこの記者会見も得意満面だが、「~したら、XXXするぞ」というのは、問題となっている学校の人たちと同根の発想。  教育を看板に掲げているなら、もっと考えたほうがよい 早稲田大学もだいぶ前からこういうことをしているし、関学のこの記者会見も得意満面だが、「~したら、XXXするぞ」…

続きを読むread more

夏休みは、自分を変えるチャンスであり、世界から取り残されるリスクもある。

 大学の成績GPAが高ければ、それはそれで悪いことではない。将来、アメリカの大学に留学をするなど考えていたら、それはその方がよいかもしれない。  しかしながら、大学1年生、あるいは2年生であるとしたら、7月、早々に試験とレポートを終わらせて、冒険に出る必要がある。これが最後のチャンスのはずである。「まだ、1年生で・・・」という怖じ…

続きを読むread more

文科省というところ、東京医科大学という大学

 この事件ではっきりわかることは、文科省は要らないということであり、大学に理事長や学長など要らないということである。諸悪の根源が、こいつらであることは誰の目にも明かである。  そして東京医科大学が根っこから腐っている可能性があるのは、理事長、学長の辞表を受理したのだ! 退職金も出すということだろう。盗人に追い銭。そりゃ、つねに金が…

続きを読むread more

5つ以上あてはまったら、夏休みは冒険をしたほうがよい。

1 高校時代、運動部ではなかった。 ( ) 2 長期の休暇は、たいてい父母の家で過ごす。 ( ) 3 エクセルを使うことができない。 ( ) 4 出身高校は第1志望ではなかった。 ( ) 5 授業は、ほとんど休まず出ている。 ( ) 6 一度も恋愛をしたことがない。 ( ) 7 いつも就活のことが気に…

続きを読むread more

万年、泡沫候補でもよかったが・・・

   2年前、上のような政見をかかげ、こんなことを書いた。  http://wienmoto.at.webry.info/201607/article_2.html  今年は、こんなふうに思った。  先週は、所属の学術院の院長選挙。ささやかなプロテストの意味あり全部欠席した。選挙と言いながら、もう定年が迫っている方々…

続きを読むread more

「アベノミクス」の本質

   購読新聞というホテル・カリフォルニア効果。もっと社会学的に言うと、マルチプル・リアリティということになる。アルフレッド・シュッツだ。    『毎日』は、麻生のいう典型的「新聞」であり、国会前で「安倍ヤメロー」と叫ぶ団塊のジイサンたちや、戸山キャンパススロープに、夕刻、バックパックで、半世紀以上前とまったく同じ姿格好で、こそ…

続きを読むread more

『19歳のハローワーク』は、ないのか?

 メガバンク、大新聞、大放送局などは、東大、一橋、慶應、早稲田、旧国立一期校と、金太郎飴のように学歴が一様。しかし、証券会社、メーカーは大手でも、いろいろな学校、学歴がまざり、営業マンなどをすると、出身校の偏差値が高いやつが業績を出すかというと、そんなことは絶対にない。  偏差値だけにしがみついてきた人間は、見栄と気位しかないので…

続きを読むread more

「私は偏差値が65。アホな人たちとは一緒にやれない」という失礼な気位

 数年前まで、新卒採用の面接解禁が3月だったので、4月学期が始まり、その結果が見えてくるというふうだったが、安倍が大学生に勉強をしてもらうという、わけのわからぬ理由で、太鼓持ちの榊原が決めた6月解禁となり、ここ2,3年、6月は、4年生のテンションが最悪となる。  しかしながら、33年、ここに勤めていると、いくつも決まっていく学生と…

続きを読むread more

日本人の防災意識など、つねに最貧国のままだ

 JR西宮駅、阪神西宮駅の間、ちょうど西宮戎のあるあたりから、日本書紀にも出てくる廣田神社前を経て武庫川を越えると、高師直討ち死にの碑があり、昆陽池、伊丹、楠木正成が息子正行と別れた桜井を通り、箕面から、阪大キャンパス横を通って高槻へと通じる、京都からの通称「西国街道」、国道171号線が走っているが、この線は、阪神淡路大震災の時、被害の…

続きを読むread more

阪神淡路大震災など何の反省もしていないんだ。この自治体は。

 今だに、こんなに高く長いブロック塀を、しかも小学校が児童の登校路に残し続けていることに驚愕するよ。   https://www.fnn.jp/posts/00394528CX  ブロック塀がダメだというのは、1978年の宮城県沖地震以来、わかっていることだし現在では2段以上積むのは違法だが、校長、教頭、教育長、教育委員とい…

続きを読むread more

「親権」などという言葉が、残虐を許し、悲劇を繰り返す!

 私は、知事がそう思うなら、児童について、警察、検察も関与させて、児童相談所が、虐待、暴行の疑いを覚知したら、疑いの段階でも、直ちに介入保護を法的にも許容可能にすべきだと考える。本来のタカ派の爪をむき出し、大いに行動すべきだと思う。そうしたら、もう一期ということもあるかも。  家族社会学者が、戦後捏造した「友愛家族」なる概念が犠牲…

続きを読むread more

講演会の案内

 社会構築論系に進み、ベルリン大学留学、帰国前に、ギリシャ、レスボス島で展開するシリア難民支援のNGOに参加、それをもとに、森ゼミで、12万字にもなるゼミ論「難民と社会」をまとめ、2017年度小野梓記念学術賞を授賞した牧野アンドレくんの講演会。  6月19日(火) 18時10分から  36号館 382教室

続きを読むread more

亡国の大学政策(2)

 亡国の大学政策。存在意味のない私立学校を野放しにするのは、森友や加計にはっきりわかるとおり、補助金行政で、政治家、官僚、御用学者の懐に金が入るからである。学校経営は、金儲けのためにやっているにすぎない。学校へ行けばなんとかなるという邪教に陥っている日本人には、それを見抜くことができない。たいした能力も業績もないのに、補助金やプロジェク…

続きを読むread more

亡国の大学政策(1)

 こういうのは、授業料がどんどん上がっていくことを考えると、昇給が頭打ちとなるのと同じであり、貸与奨学金とどこも変わらない。これも、格闘技の政治家がまとめた案で胡散臭い。アフガニスタンに従軍すれば、授業料ローンを国が肩代わりするというのとよく似ている(https://youtu.be/yd7WNd9YsLw )。  ドイツ、…

続きを読むread more

学校法人日本大学には仰天する!

 アメフトのような格闘技ではなく、身体接触がない陸上競技のトラック競技でも、「やっつけろ」「つぶせ」と、口に出ることはあるだろう。財務省の官房長が「クソ野郎」と口にしてしまうことがあるのと同じだ。立憲民主党員のような、育ちのよいお言葉を使うだけが品位があるということではない。  問題は、自分たちが教えている学生を、こういう姿にして…

続きを読むread more

基礎演習が、クソ演習になる時

 新入生4週目、文学者、文芸批評家の文章を読んだので、社会学者の文章が課題。平井晶子「近世の家族・現代の家族」『ソシオロジ』。こういうのも初見で、きっちり読み、意見を投げかけてくる頼もしい新入生がいる。喜ばしいことだ。学生一流、建物二流、教員五流というのがよくわかる。よくできているが、敢えてたくさん朱を入れた(笑)。  必修基礎演…

続きを読むread more

日本はツヅクメイ

 『アエラ』1998年1月26日号に、こんな文章がある。 ーーー  大蔵官僚への接待では、「ノーパンしゃぶしゃぶ」が話題になった。東京・新宿にある高級しゃぶしゃぶ店では、下着をつけていないウエートレスがサービスするという。  複数のMOF担によれば、ノーパンしゃぶしゃぶは、一九八五年頃から、大蔵省主計局の若手官僚の間で、静かな…

続きを読むread more

紙シラバス復活要求は、正当な要求だ! 文学学術院長は誠意を持って回答する責任がある。

 現在の4年生が1年生だったときを最後に、文化構想学部、文学部の紙媒体のシラバスが廃止となった。主要な理由は、それにかかる印刷費用、製本費用ということだろう。  しかしながら、大学の履修科目が広領域化していることを考えると、セメスターごとの科目登録時に、一目瞭然、手にとるように科目配置がわかるようにするのが、学生目線に立った履修案…

続きを読むread more

大学1年生の春、遊びまくらない人は、人生をあやまる!

 1年生の基礎演習。文化構想学部になって以来のこの必修科目。受講者数が25人。Vision150(http://www.waseda.jp/keiei/vision150/target.html)で、学部学生数2割減を目標に、定員厳格化徹底でようやくこの数字となった。 10年前に比べて、4人減。  25人中、東京、神奈川、千葉、…

続きを読むread more

「高学歴」だと仕事ができるということか?

 「高学歴」ということだけに着目していると本質的なことを見落とす。日本女子大のリカレントセンターについて書いてある。  私立大学のセンターだから、その法人のカネ儲け7割・教育2割・自己満足1割だと思うが、書いている高学歴の記者は、日本はこんなに西欧各国に遅れているということを喧伝することだけに気を取られて、本質的なことを見落として…

続きを読むread more

「本当にやりたいこと」をしたい?

 就職状況良好と言いながら、卒業延長する学生が増えている。それは数字でもはっきりしてきている。理由は「就活やり直し」。高望みというか、有名企業ばかり回って全部だめという見栄と銘柄の人生、内定は得たが、私は都内の有名私立中学高校を出ているのだから、もっと有名な会社へという、親の見栄に、いまだに駆り立てられているのか?  反対に、中学…

続きを読むread more

未来社会学序説―勤労と統治を超える

 春学期、社会構築論系演習「共生社会論4」の教科書を、これまでの『貨幣の社会学 -経済社会学への招待』(東信堂 2007年)から、これに更新し演習の内容を一新する。『貨幣の社会学 -経済社会学への招待』は、『日本経済新聞』が書評に挙げたこともあってか、面白いことに、いくつかの高等学校が副読本にした(笑)。解説調の話だったが、今回は、ペシ…

続きを読むread more

未来社会学 序説 -勤労と統治を超える

2030年 日本社会はどうあるか?  秩序構成原理、それは「介護される人」と介護する法人の二分化か? 細分化する社会事情を感覚的説明で終わらせる社会学、過去への歴史回顧に終始するアーカイブ整理社会学に抗して、マルクス、ウェーバー、ケインズ、パーソンズ、シュッツ、ハーバマス、ルーマンへと連なる社会科学の不朽の理論から湧出してくるロジ…

続きを読むread more

NHKおはよう日本 「けさのクローズアップ」 記者の能力

https://www.nhk.or.jp/ohayou/  NHKおはよう日本 「けさのクローズアップ」なるコーナー1月15日放送の「変わる中学受験」なる内容。  「2020年度から大学入試が大きく変わることを受けて、いま変化が起こっている中学受験の最前線を追う」などとして、実は、公教育の崩壊を手助けしている。「みんな塾へ…

続きを読むread more

「景気」がよいと思おうとすること、させること。

 安倍晋三は、脱デフレ宣言などと言うが、バブル崩壊後の傷跡は、ロストジェネレーションが死に絶える2060年頃まで続く。いや、今年からオリンピックまで、再びバブルとなり(ガルブレイスの名言「バブルは、それを忘れた頃、またやることになる」)、そして2022年頃、またバブル崩壊があり、ロストジェネレーション2が生まれ、2100年になっても、…

続きを読むread more

大阪大学の入試事故に思う

 大学教員の採用を、完全公募化していくことによって、母校への帰属意識が薄弱になっていることもひとつあるが、論文業績の「数」だけで採用を決めるから、入試のような神経を使う仕事、過去からのその学校の受験生についての伝習的知識がわからぬまま、出題をするようになり、採点をするようになり、こういう予備校などに3度も指摘されながら、無視することが起…

続きを読むread more

「平成家族」?

https://news.yahoo.co.jp/story/859  この記事だが、「平成家族」とまとめてみても、何か解決への抜け道を、この記者は提示できるのだろうか? それとも、「意識調査」と称して、陶片追放のように型をつけたいのだろうか?    記事冒頭を読むかぎり、この人たちの認識がもう終わっている。「破綻のリスク…

続きを読むread more

日本的「インターン」なるものの功罪

 昨年から、「インターン」なる制度が、大学生の就職活動に導入されている。何かそれが、よいもののように捉えられているが、まったくもって企業側の都合でしかない。安倍晋三という首相は、大学生にもっと勉強ができるようにと、経団連にはかって、一昨年は8月解禁、それでは企業の夏休み取得期と重なり大変だからと、昨年は6月。そして、欧米のように「インタ…

続きを読むread more

「博士学位授与の取消し」記者発表に驚く

http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_291130_j.html  さすが東京大学だと思うのは、不正行為をした学生の氏名は、ネットで世界に晒しているが、報道で厳重注意、戒告処分で名の挙がった二人の教員については、何も書いていない。独立法人だそうだが、国立大学、文科省直属だと、行動も似てく…

続きを読むread more

結果を残し、積み上げてきた努力を、大いに応援したい!

 留学が、学部在学中、修士在学中、大学間の交換枠により、そして官庁枠、企業枠により、リザーブされた枠で行うシステムが主流となり、そして一般には、その方が留学の効果があるとも言われるようになった。  どういう効果かはいろいろ見方がある。とりわけ官庁によるリザーブ枠は、かの「この、禿げー!」と吐いてタクシーで大暴れした、東京都内超有名…

続きを読むread more

質より、量に関心があるから、こういうことになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000087-jij-soci  大学院生を抱えすぎなんだよ。東京大学の大学院で博士課程を指導するというのは、それは栄誉かもしれないが、例えば私立大学から移籍して給与は下がって、処分まで喰らっても、よかったということになるのだろうかな? 大…

続きを読むread more

若い学生だと思っても、のぞいてみる必要のあるサイト

 金持ちの子息、息女でないとしたら、日本年金機構の「国民年金保険料」という頁は熟読しておいたほうがよい。  法令により「日本国内に居住している20歳以上60歳未満の方は、国民年金の被保険者となります。20歳になれば、一部の人々(※)を除き、国民年金第1号の加入手続きをすることが必要です」とある。これは学生であっても同じである。…

続きを読むread more

大学院へ進学したいんですが?

  「アメリカ、ヨーロッパ、どっち?」と聞き返すことになる。  「東京大学です」。 人の将来であり、人のことだから、私がとやかく言うことではないが、「やめたほうがよい」。  東京大学に学部からいて、ある意味で、まだ残っている古典的なカリキュラムに従って勉強してきたのであれば、大学院進学もひとつの選択肢であろうが、今や日本の大…

続きを読むread more

早稲田大学で教えていて幸せに思うことは・・・

   早稲田大学で教えていて幸せに思うことは、私の重厚細密な長時間講義をよーく受講して、スリル満点の回答やレビューを送ってくる学生が数人いることだ。大学教員なる人種が、研究費、プロジェクトと金の亡者、人事権を握り人を配置することに酔いしれた親分姉御となり、「役に立つ学問」などとわかったふうなことに踊らされ、大企業に就職しても30過…

続きを読むread more

馬鹿につける薬は、AI時代にもない!

 「インターン」制度を根付かせるなどと言い、昨年今頃から始まった「就活」。敢えて言えば、私が記憶ある中では、長さが異様なこれであった。6月1日初日から内々定が出て、今日も「内々定」受取りに行く学生がいるという。  ようやくホッとできるのはよいが、6月1日など、どんな根拠があるのか教えて欲しい。榊原くん。3月1日でもまったく問題ない…

続きを読むread more

小野梓記念学術賞

 2016年度の学位授与式にて、森ゼミからゼミ論文「難民と社会」で、小野梓記念学術賞受賞者が出ました。  http://www.waseda.jp/student/gakusei/pdf/2016_onoazusa.pdf  早稲田大学で、30年教壇に立たせていただいてきましたが、第一文学部、第二文学部、そして文化構想学部にわた…

続きを読むread more

森ゼミ 先輩講演会

 セメスターの締めくくりは、先輩講演会。  今回は、1987年、私の教員初年度、池子米軍住宅建設反対運動を調査したゼミの先輩、企業家として活躍している卓越した早稲田のひとりに、「世界の今」というテーマで大変貴重なお話をお願いしました。  講演会。「世界の今」ということで、ベルリン、シアトル、東京が出て来たのだが、講演いただい…

続きを読むread more

私の早稲田大学入学時(1975年)の『学生の手帖』

 これによると、当時の学費は、文科系、入学金10万、授業料+施設費(前期)13万円、授業料+施設費(後期)10万円で、3年から施設費はなくなり、前期・後期それぞれ授業料8万円だけとなる。4年間でおよそ88万円だった。  今は、文科系、入学金20万円、授業料+全学グローバル教育費等(前期)52万、授業料+全学グローバル教育費(後期)…

続きを読むread more

東大、女子学生に月3万円の家賃補助 来春に初めて導入

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161114-00000074-asahi-soci  この記事だが、女子学生に家賃補助は、それはそれでよいが、父母も宿泊でき、100室用意すると書いてあるのがわからないな。家賃にしか使えないバウチャーは面倒だろうから、奨学金外で現金を渡せばいいんじゃないの?…

続きを読むread more

学術院長選挙に立候補した

 6月、所属の文学学術院長候補に立候補した。左は、私の立候補文章である。  この種の選挙、寄り合い型というか、自民党型というか、話し合いで推薦人が送り出され、つまり送り出す誰かキングメーカーはつねに背後にいるのだが、その推薦人たちが推して「本命」とされる候補が出てくるようになっている。  そういうのに一矢報いようと、単独立候…

続きを読むread more

雨が降ったら、スロープが通行止めになる。

 ちょっと雨が降ると、スロープも歩くことができなくなる。通行止めとなる。私が、学術院長になったれば、こう貧しい状況は全部解消するのだが、たぶん改善は見込めまい。馬鹿につける薬はないとも言える。責任者のキャンパス企画部長ともなると、私など二級教職員とは違い、一級教職員。早稲田大学の部長級、飛行機は、ファーストクラス待遇である。かの知事クラ…

続きを読むread more

「チャラ男に注意すること!」

 すでに成人であるみなさんに、あれこれ云うのは差し出がましいが、ちょうど今夜は、愛、博愛、友愛、ストーカーについてテーマとしたので、ひと言。  ゼミの歴史も長くなると、いろいろな型の「チャラ男」がおり、残念ながら、人生遊びだけの人間もおります。  ゼミ要項に、「チャラ男は採らない」と書いてもよいのですが、チャラ男かどうかは、…

続きを読むread more