亡国の大学政策(2)

 亡国の大学政策。存在意味のない私立学校を野放しにするのは、森友や加計にはっきりわかるとおり、補助金行政で、政治家、官僚、御用学者の懐に金が入るからである。学校経営は、金儲けのためにやっているにすぎない。学校へ行けばなんとかなるという邪教に陥っている日本人には、それを見抜くことができない。たいした能力も業績もないのに、補助金やプロジェク…

続きを読むread more

亡国の大学政策(1)

 こういうのは、授業料がどんどん上がっていくことを考えると、昇給が頭打ちとなるのと同じであり、貸与奨学金とどこも変わらない。これも、格闘技の政治家がまとめた案で胡散臭い。アフガニスタンに従軍すれば、授業料ローンを国が肩代わりするというのとよく似ている(https://youtu.be/yd7WNd9YsLw )。  ドイツ、…

続きを読むread more

学校法人日本大学には仰天する!

 アメフトのような格闘技ではなく、身体接触がない陸上競技のトラック競技でも、「やっつけろ」「つぶせ」と、口に出ることはあるだろう。財務省の官房長が「クソ野郎」と口にしてしまうことがあるのと同じだ。立憲民主党員のような、育ちのよいお言葉を使うだけが品位があるということではない。  問題は、自分たちが教えている学生を、こういう姿にして…

続きを読むread more

基礎演習が、クソ演習になる時

 新入生4週目、文学者、文芸批評家の文章を読んだので、社会学者の文章が課題。平井晶子「近世の家族・現代の家族」『ソシオロジ』。こういうのも初見で、きっちり読み、意見を投げかけてくる頼もしい新入生がいる。喜ばしいことだ。学生一流、建物二流、教員五流というのがよくわかる。よくできているが、敢えてたくさん朱を入れた(笑)。  必修基礎演…

続きを読むread more

日本はツヅクメイ

 『アエラ』1998年1月26日号に、こんな文章がある。 ーーー  大蔵官僚への接待では、「ノーパンしゃぶしゃぶ」が話題になった。東京・新宿にある高級しゃぶしゃぶ店では、下着をつけていないウエートレスがサービスするという。  複数のMOF担によれば、ノーパンしゃぶしゃぶは、一九八五年頃から、大蔵省主計局の若手官僚の間で、静かな…

続きを読むread more

紙シラバス復活要求は、正当な要求だ! 文学学術院長は誠意を持って回答する責任がある。

 現在の4年生が1年生だったときを最後に、文化構想学部、文学部の紙媒体のシラバスが廃止となった。主要な理由は、それにかかる印刷費用、製本費用ということだろう。  しかしながら、大学の履修科目が広領域化していることを考えると、セメスターごとの科目登録時に、一目瞭然、手にとるように科目配置がわかるようにするのが、学生目線に立った履修案…

続きを読むread more

大学1年生の春、遊びまくらない人は、人生をあやまる!

 1年生の基礎演習。文化構想学部になって以来のこの必修科目。受講者数が25人。Vision150(http://www.waseda.jp/keiei/vision150/target.html)で、学部学生数2割減を目標に、定員厳格化徹底でようやくこの数字となった。 10年前に比べて、4人減。  25人中、東京、神奈川、千葉、…

続きを読むread more

「高学歴」だと仕事ができるということか?

 「高学歴」ということだけに着目していると本質的なことを見落とす。日本女子大のリカレントセンターについて書いてある。  私立大学のセンターだから、その法人のカネ儲け7割・教育2割・自己満足1割だと思うが、書いている高学歴の記者は、日本はこんなに西欧各国に遅れているということを喧伝することだけに気を取られて、本質的なことを見落として…

続きを読むread more

「本当にやりたいこと」をしたい?

 就職状況良好と言いながら、卒業延長する学生が増えている。それは数字でもはっきりしてきている。理由は「就活やり直し」。高望みというか、有名企業ばかり回って全部だめという見栄と銘柄の人生、内定は得たが、私は都内の有名私立中学高校を出ているのだから、もっと有名な会社へという、親の見栄に、いまだに駆り立てられているのか?  反対に、中学…

続きを読むread more

未来社会学序説―勤労と統治を超える

 春学期、社会構築論系演習「共生社会論4」の教科書を、これまでの『貨幣の社会学 -経済社会学への招待』(東信堂 2007年)から、これに更新し演習の内容を一新する。『貨幣の社会学 -経済社会学への招待』は、『日本経済新聞』が書評に挙げたこともあってか、面白いことに、いくつかの高等学校が副読本にした(笑)。解説調の話だったが、今回は、ペシ…

続きを読むread more

未来社会学 序説 -勤労と統治を超える

2030年 日本社会はどうあるか?  秩序構成原理、それは「介護される人」と介護する法人の二分化か? 細分化する社会事情を感覚的説明で終わらせる社会学、過去への歴史回顧に終始するアーカイブ整理社会学に抗して、マルクス、ウェーバー、ケインズ、パーソンズ、シュッツ、ハーバマス、ルーマンへと連なる社会科学の不朽の理論から湧出してくるロジ…

続きを読むread more

NHKおはよう日本 「けさのクローズアップ」 記者の能力

https://www.nhk.or.jp/ohayou/  NHKおはよう日本 「けさのクローズアップ」なるコーナー1月15日放送の「変わる中学受験」なる内容。  「2020年度から大学入試が大きく変わることを受けて、いま変化が起こっている中学受験の最前線を追う」などとして、実は、公教育の崩壊を手助けしている。「みんな塾へ…

続きを読むread more

「景気」がよいと思おうとすること、させること。

 安倍晋三は、脱デフレ宣言などと言うが、バブル崩壊後の傷跡は、ロストジェネレーションが死に絶える2060年頃まで続く。いや、今年からオリンピックまで、再びバブルとなり(ガルブレイスの名言「バブルは、それを忘れた頃、またやることになる」)、そして2022年頃、またバブル崩壊があり、ロストジェネレーション2が生まれ、2100年になっても、…

続きを読むread more

大阪大学の入試事故に思う

 大学教員の採用を、完全公募化していくことによって、母校への帰属意識が薄弱になっていることもひとつあるが、論文業績の「数」だけで採用を決めるから、入試のような神経を使う仕事、過去からのその学校の受験生についての伝習的知識がわからぬまま、出題をするようになり、採点をするようになり、こういう予備校などに3度も指摘されながら、無視することが起…

続きを読むread more

「平成家族」?

https://news.yahoo.co.jp/story/859  この記事だが、「平成家族」とまとめてみても、何か解決への抜け道を、この記者は提示できるのだろうか? それとも、「意識調査」と称して、陶片追放のように型をつけたいのだろうか?    記事冒頭を読むかぎり、この人たちの認識がもう終わっている。「破綻のリスク…

続きを読むread more

日本的「インターン」なるものの功罪

 昨年から、「インターン」なる制度が、大学生の就職活動に導入されている。何かそれが、よいもののように捉えられているが、まったくもって企業側の都合でしかない。安倍晋三という首相は、大学生にもっと勉強ができるようにと、経団連にはかって、一昨年は8月解禁、それでは企業の夏休み取得期と重なり大変だからと、昨年は6月。そして、欧米のように「インタ…

続きを読むread more

「博士学位授与の取消し」記者発表に驚く

http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_291130_j.html  さすが東京大学だと思うのは、不正行為をした学生の氏名は、ネットで世界に晒しているが、報道で厳重注意、戒告処分で名の挙がった二人の教員については、何も書いていない。独立法人だそうだが、国立大学、文科省直属だと、行動も似てく…

続きを読むread more

結果を残し、積み上げてきた努力を、大いに応援したい!

 留学が、学部在学中、修士在学中、大学間の交換枠により、そして官庁枠、企業枠により、リザーブされた枠で行うシステムが主流となり、そして一般には、その方が留学の効果があるとも言われるようになった。  どういう効果かはいろいろ見方がある。とりわけ官庁によるリザーブ枠は、かの「この、禿げー!」と吐いてタクシーで大暴れした、東京都内超有名…

続きを読むread more

質より、量に関心があるから、こういうことになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000087-jij-soci  大学院生を抱えすぎなんだよ。東京大学の大学院で博士課程を指導するというのは、それは栄誉かもしれないが、例えば私立大学から移籍して給与は下がって、処分まで喰らっても、よかったということになるのだろうかな? 大…

続きを読むread more

若い学生だと思っても、のぞいてみる必要のあるサイト

 金持ちの子息、息女でないとしたら、日本年金機構の「国民年金保険料」という頁は熟読しておいたほうがよい。  法令により「日本国内に居住している20歳以上60歳未満の方は、国民年金の被保険者となります。20歳になれば、一部の人々(※)を除き、国民年金第1号の加入手続きをすることが必要です」とある。これは学生であっても同じである。…

続きを読むread more

大学院へ進学したいんですが?

  「アメリカ、ヨーロッパ、どっち?」と聞き返すことになる。  「東京大学です」。 人の将来であり、人のことだから、私がとやかく言うことではないが、「やめたほうがよい」。  東京大学に学部からいて、ある意味で、まだ残っている古典的なカリキュラムに従って勉強してきたのであれば、大学院進学もひとつの選択肢であろうが、今や日本の大…

続きを読むread more

早稲田大学で教えていて幸せに思うことは・・・

   早稲田大学で教えていて幸せに思うことは、私の重厚細密な長時間講義をよーく受講して、スリル満点の回答やレビューを送ってくる学生が数人いることだ。大学教員なる人種が、研究費、プロジェクトと金の亡者、人事権を握り人を配置することに酔いしれた親分姉御となり、「役に立つ学問」などとわかったふうなことに踊らされ、大企業に就職しても30過…

続きを読むread more

馬鹿につける薬は、AI時代にもない!

 「インターン」制度を根付かせるなどと言い、昨年今頃から始まった「就活」。敢えて言えば、私が記憶ある中では、長さが異様なこれであった。6月1日初日から内々定が出て、今日も「内々定」受取りに行く学生がいるという。  ようやくホッとできるのはよいが、6月1日など、どんな根拠があるのか教えて欲しい。榊原くん。3月1日でもまったく問題ない…

続きを読むread more

小野梓記念学術賞

 2016年度の学位授与式にて、森ゼミからゼミ論文「難民と社会」で、小野梓記念学術賞受賞者が出ました。  http://www.waseda.jp/student/gakusei/pdf/2016_onoazusa.pdf  早稲田大学で、30年教壇に立たせていただいてきましたが、第一文学部、第二文学部、そして文化構想学部にわた…

続きを読むread more

森ゼミ 先輩講演会

 セメスターの締めくくりは、先輩講演会。  今回は、1987年、私の教員初年度、池子米軍住宅建設反対運動を調査したゼミの先輩、企業家として活躍している卓越した早稲田のひとりに、「世界の今」というテーマで大変貴重なお話をお願いしました。  講演会。「世界の今」ということで、ベルリン、シアトル、東京が出て来たのだが、講演いただい…

続きを読むread more

私の早稲田大学入学時(1975年)の『学生の手帖』

 これによると、当時の学費は、文科系、入学金10万、授業料+施設費(前期)13万円、授業料+施設費(後期)10万円で、3年から施設費はなくなり、前期・後期それぞれ授業料8万円だけとなる。4年間でおよそ88万円だった。  今は、文科系、入学金20万円、授業料+全学グローバル教育費等(前期)52万、授業料+全学グローバル教育費(後期)…

続きを読むread more

東大、女子学生に月3万円の家賃補助 来春に初めて導入

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161114-00000074-asahi-soci  この記事だが、女子学生に家賃補助は、それはそれでよいが、父母も宿泊でき、100室用意すると書いてあるのがわからないな。家賃にしか使えないバウチャーは面倒だろうから、奨学金外で現金を渡せばいいんじゃないの?…

続きを読むread more

学術院長選挙に立候補した

 6月、所属の文学学術院長候補に立候補した。左は、私の立候補文章である。  この種の選挙、寄り合い型というか、自民党型というか、話し合いで推薦人が送り出され、つまり送り出す誰かキングメーカーはつねに背後にいるのだが、その推薦人たちが推して「本命」とされる候補が出てくるようになっている。  そういうのに一矢報いようと、単独立候…

続きを読むread more

雨が降ったら、スロープが通行止めになる。

 ちょっと雨が降ると、スロープも歩くことができなくなる。通行止めとなる。私が、学術院長になったれば、こう貧しい状況は全部解消するのだが、たぶん改善は見込めまい。馬鹿につける薬はないとも言える。責任者のキャンパス企画部長ともなると、私など二級教職員とは違い、一級教職員。早稲田大学の部長級、飛行機は、ファーストクラス待遇である。かの知事クラ…

続きを読むread more

「チャラ男に注意すること!」

 すでに成人であるみなさんに、あれこれ云うのは差し出がましいが、ちょうど今夜は、愛、博愛、友愛、ストーカーについてテーマとしたので、ひと言。  ゼミの歴史も長くなると、いろいろな型の「チャラ男」がおり、残念ながら、人生遊びだけの人間もおります。  ゼミ要項に、「チャラ男は採らない」と書いてもよいのですが、チャラ男かどうかは、…

続きを読むread more

『ユリイカ』5月号  特集・石原慎太郎

 この特集は、「石原慎太郎」について、新らたに、そして深く考察していくための出発点となる意味のあるものです。 特集*石原慎太郎 ■対談 われとわが死  / 石原慎太郎+森 元孝 ■詩――青年期より 非業な太陽  / 石原慎太郎 ■石原慎太郎という亀裂 わが戦友  / 瀬戸内寂聴 石原文学の成熟の軌跡 …

続きを読むread more

また、テレビに出た私

 偶然が重なり、4月1日のTBS「金スマ」にも出たのであった(笑)。 偶然が重なり、4月1日のTBS「金スマ」にも出たのであった(笑)。二度とありえない貴重な体験だった。 https://youtu.be/TkFFWfhaGzc

続きを読むread more

森ゼミⅠ 華燭の典に呼ばれて

 私自身、つれあいと、役所に婚姻届けを出し、練馬駅近くの「珍龍」でラーメンと餃子を食べて式の代わりとしたこともあり、結婚式は、人生で6回しか出たことがなく、そのうち教え子卒業生は4回。全部断ってきて20年、今回、いざ何を着ていくかと、つれあいに相談しながら出た。  今回は、私の家から30分ほどであることと、文化構想学部開設年…

続きを読むread more

テレビに出た「私」

 1月末に幻冬舎から、石原慎太郎『天才』という本が出版された。たまたま、これのきっかけとなる出来事があった。フジテレビ 1月31日(日)朝の「新報道2001」で取り上げられた。 https://youtu.be/8XmMobGquY0?t=804

続きを読むread more

メタセコイアは泣いているか? ― 今こそ、キャンパス企画部長は鼻を膨らませて語る時

早稲田の文キャン、スロープのメタセコイア、先日も書いたが、「大丈夫なのか」と心配の声、スロープで顔をあわす人から言われる。  そもそもは、記念会堂の建て替えにある。  https://www.waseda.jp/top/news/26496  すでに古いものは解体撤去して、現在、新しいものを建設中。ただし、面白いのは、…

続きを読むread more

文キャン スロープのメタセコイア

 苦学して早稲田大学を卒業した校友小汀利得、中外新報(日本経済新聞)社主になるが、引退後、日中友好を祈念して寄贈したメタセコイア。   昨日、スロープを降りて行く途中で、アメリカ人の先生に、「切り倒すつもりかと聞かれ、いや記念会堂の工事関係で剪定だけと聞いている。切り倒したら、これは犯罪になる」と答えたら、「私もそう思う」とその先…

続きを読むread more

授業料を下げ、グローバル教育費などは廃止するべきだろう。

 大学から奨学金充実に努力しているという宣伝メール。  しかし、そういうそれよりも、教員の給与を2割も下げてきたのだから、17人もいる理事、56人もいる部長級の数を半分以下にして、授業料を下げろが私の意見。  私が早稲田大学に入学したとき、文化系、入学金10,000 授業料80,000×2、施設費初年度50,000+20,0…

続きを読むread more

社会学者には教養がない。

 何にでもコメントする社会学者、教育現場を知らない教育学者、これらはそのとおり。だから「社会学者」という看板も下ろした。春学期の新入生基礎演習の教科書に使う。 学者は平気でウソをつく (新潮新書)新潮社 和田 秀樹 Amazonアソシエイト by

続きを読むread more

全国紙こそ、おかしい。

 昨日、たままた見ていた『BSフジ』の番組(http://www.bsfuji.tv/primenews/index.html)。沖縄では、全国紙のシェアが全部合わせて2%。自民党やその取り巻きは、これを異様だと言うが、実は「全国紙」などというものが、そもそもおかしいということを改めて思った。多くの日本人は、全国紙を惰性で取っている。 …

続きを読むread more

新聞記事にボイスリーダーをつけるべし

 Die Neue Freie Presse 訳すと、『新自由新報』となるか、オーストリア、ウィーンで世紀末から戦前まで刊行されていた有名な新聞がある。フュイトンという文芸欄は有名で、ホフマンシュタール、シュニッツラーはじめ著名な文芸家、シュッツのような社会学者も寄稿していた。  第二次世界大戦後、Die Presseとなった。『…

続きを読むread more

お金が好きな大野経営企画担当理事 「受入研究費200億円へ」

 「教育工学」って知っていますか? たまたまフルオンデマンド授業を3科目、受講者総数1000人を超えることに関わっているということからか、こういう部門の本部役人職員とつきあいが長い。名の知れた電機メーカー、オフィス器具メーカーなど、教室設備業者の説明会などにも呼ばれたことがあった。この頃、呼ばれなくなった理由は、「教室であろうとネットで…

続きを読むread more

石原慎太郎の新作『天才』のあとがき

 昨年、『石原慎太郎の社会現象学』東信堂を上梓した。それが生んだひとつの面白い結果。 天才幻冬舎 2016-01-22 石原 慎太郎 Amazonアソシエイト by 石原慎太郎の社会現象学―亀裂の弁証法東信堂 森 元孝 Amazonアソシエイト by 東信堂サイトへ http://…

続きを読むread more

私の最新論文

  私の最新論文、フィレンツェ大学出版のイタリア社会学雑誌に掲載されました。 "Future Structure of the Life-World. As an inevitable consequence of the «peer-to-peer»", in: SocietàMutament…

続きを読むread more