数値がすでに差別的。アファーマティブアクションは正当だ!

 画像早稲田大学では、ほとんど半年ごとにセクハラ、パワハラが発生し、年中行事か? 私は、昨年9月、あるところに、再発防止のひとつの方策として、環境の改良を提案した。私が属する文学学術院教員の女性比率を、文化構想学部、文学部、文学研究科の女性学生比率と同じになるように、7年から10年で貫徹させるアファーマティブ・アクションの提案だった。もうどこか、四万十川の流れように、流れ去ったか、沈んで藻屑となってしまったか・・・

 大学全体の教員の女性比率について、その推移を、専任教員と非常勤教員とで比較してみると、ともに教員に占める女性比率は増加しているが、非常勤教員における女性比率は、全体よりも増加している。これは、女性の研究職が増加したことによるのか、まだなお女性研究者の就職に制約がかかっているのか、どちらだろうか。しかしながら、こういう推移を放置しておくことは、それ自体が差別的だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い