学校法人日本大学には仰天する!

 画像アメフトのような格闘技ではなく、身体接触がない陸上競技のトラック競技でも、「やっつけろ」「つぶせ」と、口に出ることはあるだろう。財務省の官房長が「クソ野郎」と口にしてしまうことがあるのと同じだ。立憲民主党員のような、育ちのよいお言葉を使うだけが品位があるということではない。

 問題は、自分たちが教えている学生を、こういう姿にしてしまったことをどう思うかだ。日本大学というところの理事長や常務理事、広報部長が、教員ではないところに、こういうことになるそもそもの原因がある。この「大学」は、「学生」「教員」という存在意味をわからぬまま、130年を過ごしてきた。日本の私立大学では、主役は学生、脇役が教員、職員は「もぎり」に徹する役割だ。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い